チャート分析 テクニカル分析 ハーモニックパターン

2016/7/4~ ユーロドル週足

投稿日:

スポンサーリンク

記事にするほどの事でないかもですが、気になったのでユーロドル週足ベースの中長期的な見通しについて。

チャート分析

ユーロドル週足

20160701_EURUSD_W1

ここ2週間のユーロドルは、イギリスのEU離脱投票結果を受けて一日の中ではグッと大きく動いているんですが、実は週足ベースでみるとこれまでの価格帯にとどまっています。値幅も大したことないんですよね。

結局は2015年のレンジ内に収まったままで、どっちに動く、という方向性はまだ示されてません。

 

チャートの形状だけ見てみると、ただ単にレンジ上限に近づいて売られただけに見えます。Brexitとか関係なく。

ダブルボトムの形から上昇するか、レンジ下限を大きく割り込むとディープクラブパターンを作りに行ったりするのか…。

  1. レンジ上限を抜けた場合 → レンジ上限への押しを待ってロング
  2. レンジ下限を抜けた場合 → レンジ下限までの戻りを待ってショート → ディープクラブのPRZ近くで利確 → ディープクラブ成立ならロング

一応こんな感じでシナリオだけ立てておきます。週足ベースなので年をまたぐかも知れませんが。

スポンサーリンク

スポンサーリンク

FXブログランキング。クリックしていただけると嬉しいです!

-チャート分析, テクニカル分析, ハーモニックパターン
-, , ,

Copyright© FX裁量トレードで行こう! ~日本橋FX戦記~ , 2017 All Rights Reserved.