プライスアクショントレードとテクニカル分析を軸にして、直近の為替相場の値動き予想、FXトレードの備忘録という形で綴るサラリーマン投資家ブログです。

FX裁量トレードで行こう! ~日本橋FX戦記~

【TradingView】描画ツール使用時のマグネットモード無効化のやり方

今回は「TradingView(トレーディングビュー)」で、トレンドラインやハーモニックパターンを描画しているときに何かと鬱陶しい事のある、「マグネットモード」の解除方法について説明します。

マグネットモードとは?

TradingView を使用して、トレンドラインやハーモニックパターン、フィボナッチリトレースメントなどでチャート上に線を引こうとすると、自動的にマウスカーソル位置最寄りローソク足の高値・安値・始値・終値のいずれか近いものに描画位置を合わせられてしまう機能です。

ラインをきれいに引くための親切な機能ですが、自分が線を引きたい場所と違う場所に線が描画されてしまう事が多く、ストレスを感じる方も多いかも知れません。

マグネットモードの例

例えばトレンドラインを引いてみます。

チャート左側のメニューからトレンドラインを選択。

 

トレンドラインの始点をチャート左側の安値にしようとすると…、マウスカーソルが下のスクリーンキャプチャ外にいても、実際の始点位置 (破線の縦と横の線の交点) がローソク足の安値に合わせられています。

上の図のヒゲの更に下にマウスカーソルがあっても、クリックしたら下図の様にヒゲ先端(安値)に自動的にラインの始点が合わせられています。

マグネットモードをオフにする

高解像度PCの場合

画面の縦方向の解像度が十分にある場合 (恐らく1000ピクセル前後より上?)、マグネットモードのアイコンが表示されているため、それをクリックします。

以下の様にアイコンがグレーアウトされればOKです。

作業は以上で完了です。

低解像度PCの場合

画面の縦方向の解像度が低いPCの場合、マグネットツールボタンが隠れてしまっているため、以下の手順を踏んで下さい。

1. チャート画面左側の、ツールアイコンの一番下、「非表示ツールを表示」をクリックします。

2. 以下の設定画面が表示されるので、「マグネットモード」のチェックを外します。

3. 再度、「非表示ツールを表示」アイコンをクリック

低解像度PCを使用している場合の作業は以上で完了です。

マグネットモードをOFFにした後の動作

先ほどのトレンドラインを再度引いてみると、

ローソク足の密集地帯にマウスカーソルを持っていっても、マウスカーソルは高値・安値などの四本値に自動的に合わせられません。これでいくらでも自分の引きたいように線を引く事が出来ます。

マグネットモードOFFのメリット・デメリット

マグネットモードOFFのメリット

トレンドラインやゾーン、ハーモニックパターンを自分の好きなように描画できます。特にハーモニックパターンは

マグネットモードOFFのデメリット

完全にフリーハンドでの描画になるため、精密さに欠けます。手動でも精密に描画することは可能ですが、座標の入力(線の始点・終点の時間と価格)が求められるので非常に面倒です。

現実的な落としどころ

トレンドラインやハーモニックパターンを描画する際には、まずマグネットモードをONにしたまま描画して、その後マグネットモードを一時的にOFFにして細かい修正を行うのが良いかと思います。個人的にはマグネットモードONのメリットの方がやや上回るかな、と。個々人で感じ方の異なる箇所なので、あくまで私個人の感じ方に基づいて書いています。

 

TradingViewに興味のある方は、このアイコンをクリックしてTradingViewのサイトにジャンプして見て下さい。アカウントは無料で作成できます。

 

 

スポンサーリンク

スポンサーリンク

ハーモニックパターンを学ぶには

価格が反発する場所を前もって知ることが出来る…。夢みたいな話ですが、これを高精度で定量的に実現するのがハーモニックパターン!

マユツバものと思うかも知れませんが、本当です。

小さな範囲に反発のポイントを特定することでトレードの成功率を高める強力な武器になる事間違いなし。無料コースでは、ハーモニックパターンの概要を解説してくれます。パターン自動検知ツールの試用ファイルも配布中。無料コースながら非常に勉強になるので、是非受講してみて下さい。

ハーモニックパターンに興味があるけどなかなか勉強に時間を割けない…。

そんな方に向いているのがこのスピードハーモニックです。動画と誰でも使えるツールでステップ・バイ・ステップに、成功しているトレーダーの極意を学べるコース。
このコースは、反発のポイントを小さく絞り込み、高い成功率を出すハーモニックパターンを3時間で学べる速習編です。

ハーモニックパターンがすごいのは分かるけど、毎回毎回自分で線を引くのが面倒くさい…。
パターンが出ても見逃してしまう…。

そんな方におススメなのが、ハーモニック検知ツール・プロフェッショナル版です。
これは簡単に言えば、ハーモニックパターンを自動で描画してくれるMT4インジケータです。
ただし、ZUPなどよりも遥かに高精度かつ高機能なものに仕上がっています。

通常、この手のカスタマイズされたパターン自動検知ツールは非常に高価なのですが、低価格でお試し可能なのが有難い。

  • メールアラート対応
  • MT4だけでなくMT5対応を保証
  • 月額7,800円の低価格でお試し可能
  • クラシックパターン以外の様々なハーモニックパターンの自動検知・描画に対応
  • MT4のストラテジテスターで検証可能

自分の好きな通貨ペアでメールアラートを仕掛けておいて、メールが来たらチャートを見てハーモニックで勝てそうならトレードをする…。何ともムシのいい話にも聞こえますが(笑)、仕事で忙しかろうがチャンスを極力逃さずに高勝率トレード。そんなトレーディングライフの実現を助けてくれるツールにもなるでしょう。

また、様々なハーモニックパターンの精度を確認するための検証用にも有効なツールです。

ハーモニックパターンの基礎理論の部分をガッツリ学びたい方はこちらのコースがおススメです。受講される前の基礎知識として、フィボナッチ比率を使用したトレーディングについては最低限勉強しておくことを強くお勧めします。

主に以下の内容についての講義です。

  • AB=CDパターン
  • クラシックパターン
  • PRZの計算の仕方
  • オシレータやMTFを組合わせたハーモニックパターンの活用方法

本講座の内容をきちんと理解しておけば、一皮むけたトレーダーへのステップが見えてくるでしょう。

フィボナッチ比率を利用した逆張り手法、つまりハーモニックパターンの事ですが、和書としてハーモニックパターンを詳しく解説してくれている書籍は恐らくこれ以上のものは今現在存在していないでしょう。それぐらいある意味貴重な書籍ですが、やや読み辛いところもあります。また、情報がやや古くクラシックパターンの一部(ガートレイ222なんて言い方しているところからもお察し)と3段上げ下げ(スリードライブ)の解説のみです。

まずどんなものか見てみたい方にはこちらもおススメです。

Turning Patterns into Profits with Harmonic Trading (Collection)

ハーモニックパターンによるトレーディングを現代に広めた開祖である、スコット・M・カーニー大先生の執筆された書籍です。今現在世に出回っているハーモニックパターン関連のトレード教材は多かれ少なかれこの二冊の本による影響を受けていると思われます。各パターンが成立するための条件と、「理想的な」パターンの比率、その使い方や注意点について書かれた濃い書籍です。

洋書なので抵抗のある方もいるとは思いますが、源流を理解するという意味では読んで損のない二冊です。電子書籍に抵抗のない方は、セット価格で割引が入る上のリンクのKindle版2冊セットがおススメです。

  

別枠で紹介している「ココスタ」の佐々木氏の教材はこのカーニー本にもかなり影響を受けていると思いますが、独自の研究を重ねて精度を高めたものになっています。また、英文を延々と読むという多くの日本人にとっての苦行をスキップ出来るという意味ではお金を払う価値はあるでしょう。

フィボナッチ比率を使った基本的なトレーディング手法の金字塔と言えば、結局この本になってしまうでしょう。押し戻りを捉えて的確に売買する基本的な方法をしっかりと解説してくれています。やや高価なのが珠にキズではありますが、フィボナッチトレーディングの基本を学びたい方にはまずこれでしょうか。紙の本だと大型本になってしまうため、電子書籍で読むと良いでしょう。書店で実物を見るとその大きさに引きます…。

ディナポリ本の要点を薄く解説してくれている書籍です。この本の利点はただ一つ。安いこと!あとは本人も自信なさげなインジケータ多用したテクニカルの解説なのでそこはお好み。
安い割にはそこそこきちんとした解説が書いてあるので、フィボナッチリトレースメントやエクステンションの理解が出来ている方はこっちでもいいっちゃいいんかな…。

筆者はメルマガとFX講師で生計を立てていると思われるあの方です。メルマガでぼろ儲け出来ればそりゃトレードしなくなるよねって感じ。

投稿日:

Copyright© FX裁量トレードで行こう! ~日本橋FX戦記~ , 2017 All Rights Reserved.