プライスアクショントレードとテクニカル分析を軸にして、直近の為替相場の値動き予想、FXトレードの備忘録という形で綴るサラリーマン投資家ブログです。

FX裁量トレードで行こう! ~日本橋FX戦記~

テクニカル分析 トレード結果 ボブ・ボルマン関連 ユーロ/ドル

ユーロドル日足、ヘッドアンドショルダーズパターン失敗のその後

投稿日:

スポンサーリンク

前回の更新からだいぶ時間が空いてしまいました。本ブログを読んでくださっている方々へ、今年も宜しくお願い申し上げます。

さて、昨年11月末にユーロドル日足のヘッドアンドショルダーズパターンが成立すると見せかけて崩れてからかなりグダグダした動きが続いておりました。今回は前回からのトレード結果についての記載と、昨年11月からのユーロドル日足の動きについて解説してみたいと思います。

前回記事はコチラ

【パターン失敗】2017/11/24 ユーロドル日足のヘッドアンドショルダーズの行方

前回の記事で、ユーロドル日足で大きな下降の流れになり得る、ヘッドアンドショルダーズパターンが出現した、という内容について書きました。しかしながら一度はパターン成立の動きを見せたものの、その後の急騰によ ...

続きを見る

トレード結果

  • ユーロドル ロング + 195 pips
  • ユーロドルロング + 120 pips

回数は少ないですが、1.1900のヘッドアンドショルダーズの右肩ブレイクでのエントリー分や、バーゲンセールだったプルバックを拾って1.1700台で仕掛けた分は無事に利確出来ました。ありがたいことです。ただ、ありがたくないことに、ユーロドルはロング玉を保持していればいるほど、なんだかスワップ金利差がやたらと高く、20pips分ぐらいスワップで持っていかれるというかなり間抜けなことになっています。

ヘッドアンドショルダーズ失敗からのユーロドルチャートの動き

ユーロドル日足

上昇を続けてきて、左側の赤水平線のところでローソク足がネックラインを割り込んで、ヘッドアンドショルダーズパターンが成立…と見せかけて強烈な戻しが入りました。この戻しの上昇が終値ベースで右肩を超えて上昇したため、パターン失敗と判断しロング目線に切替えています。

悪くてもヘッド (目先の高値) までは上昇するだろう、と期待していましたが年末というのと仮想通貨に資金が流れたのか為替の動きがグダグダノロノロで、上昇が遅い遅い…。右肩までで一部利確、ヘッド近くまで上昇したところで残りも利確してしまいました。早まったかと思いもしますが、スワップ金利を払い続けるのもバカバカしいのと資金効率がかなり悪いのでいったんユーロドルポジションをクリアしました。仕事でバタバタしており1週間チャートとにらめっこできない日が続いていた割には資金が増えたので良しとします。

ヘッドアンドショルダーズ失敗パターンからのドテンですが、日本語のFXや株式チャート分析を取り扱うサイトで解説しているところは殆どありませんね。また、海外でも「head and shoulders failure」などのキーワードでググっても多数は出て来ません。事例としても少ないみたいだしスルーしている人が多いのかなー。

古典的チャートパターンの失敗 → 失敗した方向に高確率で動く、という図式が成り立つ限りは美味しい狙いどころだと思うのです。

右肩をブレイクアウトしたときの値動きについて。赤い水平線(実線)が右肩のラインです。この右肩ライン近辺でウロウロせずに下から急激に突き上げてブレイクした最初の2回はいずれも下落の圧力に耐えきれず短時間でライン下に沈んでいます。しかし、赤い破線部の弱高値をブレイクした後の動き、こちらではボリンジャーバンドのセンターライン (移動平均線) とブレイクするべきターゲットとの間の小さなスペースに挟まれ続け、破線部の高値を試して底固めした後、ググっと小さなスペースに押し込まれスクイーズしたあとドカンとブレイクしています。ボブ・ボルマンが好みそうなビルドアップ + スクイーズな値動きの好例だと思い載せることにしました。ただの趣味ですね。

ユーロドル週足

日足の値動きに強い影響を及ぼす週足の動き。こちらは前回記事に書いた内容と同じようなことになりますが、2chで言う小便チャート(…失礼) 的なきれいな下落の後にレンジが続き、小さく安値を更新しましたがここでオシレータの強気ダイバージェンス発生。そしてレンジ上限を上に突き破った後のプルバックにも耐えきってレンジより上の価格を維持しています。

今後の方針

これが難しいんですが…。恐らくもう一度、センターラインに挟まれてブレイクアウトってのが来るんじゃないかなと。ブレイクする方向は上、ブレイクするラインは1.2090 (ヘッドアンドショルダーズのヘッド部分の高値) です。これをブレイクしたら1.2090までのプルバックを狙ってロングエントリーというのを考えています。

スポンサーリンク

スポンサーリンク

FXブログランキング。クリックしていただけると嬉しいです!

ハーモニックパターンを学ぶには

価格が反発する場所を前もって知ることが出来る…。夢みたいな話ですが、これを高精度で定量的に実現するのがハーモニックパターン!

マユツバものと思うかも知れませんが、本当です。

小さな範囲に反発のポイントを特定することでトレードの成功率を高める強力な武器になる事間違いなし。無料コースでは、ハーモニックパターンの概要を解説してくれます。パターン自動検知ツールの試用ファイルも配布中。非常に勉強になるので、是非受講してみて下さい。

ハーモニックパターンに興味があるけどなかなか勉強に時間を割けない…。

そんな方に向いているのがこのスピードハーモニックです。動画と誰でも使えるツールでステップ・バイ・ステップに、成功しているトレーダーの極意を学べるコース。
このコースは、反発のポイントを小さく絞り込み、高い成功率を出すハーモニックパターンを3時間で学べる速習編です。

ハーモニックパターンがすごいのは分かるけど、毎回毎回自分で線を引くのが面倒くさい…。
パターンが出ても見逃してしまう…。

そんな方におススメなのが、ハーモニック検知ツール・プロフェッショナル版です。
これは簡単に言えば、ハーモニックパターンを自動で描画してくれるMT4インジケータです。
ただし、ZUPなどよりも遥かに高精度かつ高機能なものに仕上がっています。

通常、この手のカスタマイズされたパターン自動検知ツールは非常に高価なのですが、低価格でお試し可能なのが有難い。

  • メールアラート対応
  • MT4だけでなくMT5対応を保証
  • 月額7,800円の低価格でお試し可能
  • クラシックパターン以外の様々なハーモニックパターンの自動検知・描画に対応
  • MT4のストラテジテスターで検証可能

自分の好きな通貨ペアでメールアラートを仕掛けておいて、メールが来たらチャートを見てハーモニックで勝てそうならトレードをする…。何ともムシのいい話にも聞こえますが(笑)、仕事で忙しかろうがチャンスを極力逃さずに高勝率トレード。そんなトレーディングライフの実現を助けてくれるツールにもなるでしょう。

また、様々なハーモニックパターンの精度を確認するための検証用にも有効なツールです。

ハーモニックパターンの基礎理論の部分をガッツリ学びたい方はこちらのコースがおススメです。受講される前の基礎知識として、フィボナッチ比率を使用したトレーディングについては最低限勉強しておくことを強くお勧めします。

主に以下の内容についての講義です。

  • AB=CDパターン
  • クラシックパターン
  • PRZの計算の仕方
  • オシレータやMTFを組合わせたハーモニックパターンの活用方法

本講座の内容をきちんと理解しておけば、一皮むけたトレーダーへのステップが見えてくるでしょう。

フィボナッチ比率を利用した逆張り手法、つまりハーモニックパターンの事ですが、和書としてハーモニックパターンを詳しく解説してくれている書籍は恐らくこれ以上のものは今現在存在していないでしょう。それぐらいある意味貴重な書籍ですが、やや読み辛いところもあります。また、情報がやや古くクラシックパターンの一部(ガートレイ222なんて言い方しているところからもお察し)と3段上げ下げ(スリードライブ)の解説のみです。

まずどんなものか見てみたい方にはこちらもおススメです。

Turning Patterns into Profits with Harmonic Trading (Collection)

ハーモニックパターンによるトレーディングを現代に広めた開祖である、スコット・M・カーニー大先生の執筆された書籍です。今現在世に出回っているハーモニックパターン関連のトレード教材は多かれ少なかれこの二冊の本による影響を受けていると思われます。各パターンが成立するための条件と、「理想的な」パターンの比率、その使い方や注意点について書かれた濃い書籍です。

洋書なので抵抗のある方もいるとは思いますが、源流を理解するという意味では読んで損のない二冊です。電子書籍に抵抗のない方は、セット価格で割引が入る上のリンクのKindle版2冊セットがおススメです。

  

別枠で紹介している「ココスタ」の佐々木氏の教材はこのカーニー本にもかなり影響を受けていると思いますが、独自の研究を重ねて精度を高めたものになっています。また、英文を延々と読むという多くの日本人にとっての苦行をスキップ出来るという意味ではお金を払う価値はあるでしょう。

フィボナッチ比率を使った基本的なトレーディング手法の金字塔と言えば、結局この本になってしまうでしょう。押し戻りを捉えて的確に売買する基本的な方法をしっかりと解説してくれています。やや高価なのが珠にキズではありますが、フィボナッチトレーディングの基本を学びたい方にはまずこれでしょうか。紙の本だと大型本になってしまうため、電子書籍で読むと良いでしょう。書店で実物を見るとその大きさに引きます…。

ディナポリ本の要点を薄く解説してくれている書籍です。この本の利点はただ一つ。安いこと!あとは本人も自信なさげなインジケータ多用したテクニカルの解説なのでそこはお好み。
安い割にはそこそこきちんとした解説が書いてあるので、フィボナッチリトレースメントやエクステンションの理解が出来ている方はこっちでもいいっちゃいいんかな…。

筆者はメルマガとFX講師で生計を立てていると思われるあの方です。メルマガでぼろ儲け出来ればそりゃトレードしなくなるよねって感じ。

-テクニカル分析, トレード結果, ボブ・ボルマン関連, ユーロ/ドル

Copyright© FX裁量トレードで行こう! ~日本橋FX戦記~ , 2018 All Rights Reserved.