チャート分析 テクニカル分析 トレード結果 ハーモニックパターン ポンド円

2016/10/6 ポンド円少しずつ上向きか・・・時間足強気ガートレイ

投稿日:

スポンサーリンク

ポンド円の底抜けがほぼ失敗に終わり、ドル円上昇に引きずられる形でポンド円も上昇中。相変わらずポンドルは弱いままなのでドル円に頼りきりの上昇です。

1時間足レベルではっきり見え、4時間足でも何とか見える形で強気ガートレイパターンが出現、上昇後にレジスタンスに当たって下に押されている状況。

トレード結果

ポンド円ロング : +75pips

チャート分析

ポンド円1時間足

20161006_gbpjpy_h1h4_bullgartley

きれいな形のガートレイパターンが出てきました。チャート下部の黄色ゾーンがPRZ (Potential Reversal Zone) になります。

1時間足では数回一時的に下ヒゲでPRZを抜けては戻したのちに大きく(と言っても最大200pips程度ですが)上昇しました。その後、上部の黄色ゾーンで上昇が止まり現在下押し中。

ポンド円4時間足

20161006_gbpjpy_h4

このレジスタンスになった黄色ゾーンですが、4時間足で見てみると過去に2度、上抜けに失敗したゾーンになります。今回が3度目。

このゾーンを上に抜けていくと4時間足ではダブルボトムを作ることになる様にも見えますが、別の見方だとトリプルボトムと言えなくもないか。

 

20161006_gbpjpy_h4_1

ネックラインからボトムまでが概ね300pips程度なので、ブレイクした場合の上昇幅が最大で300pips程度とみておきます。

日足でそれを確認してみると…

 

 

ポンド円日足

201601006_gbpjpy_d1

日足で4時間足のネックラインブレイクがどこに来るか、を見てみると、日足TLにだいたいですが当たりそうな位置に来ます。

いったんはこの日足TL上限でロングの深追いはストップし、日足TLをもしブレイクするようならそこでプルバックを待って更にロング、といった方向性で考えています。

依然、日足は弱い形のままなので、万一チャート下部のサポートゾーンを抜けきったら即ショート転換という方針も維持したまま。

スポンサーリンク

スポンサーリンク

FXブログランキング。クリックしていただけると嬉しいです!

-チャート分析, テクニカル分析, トレード結果, ハーモニックパターン, ポンド円

Copyright© FX裁量トレードで行こう! ~日本橋FX戦記~ , 2017 All Rights Reserved.