プライスアクショントレードとテクニカル分析を軸にして、直近の為替相場の値動き予想、FXトレードの備忘録という形で綴るサラリーマン投資家ブログです。

FX裁量トレードで行こう! ~日本橋FX戦記~

2. ディナポリ手法 (1)

前回記事に続きまして、今回はディナポリ手法について管理人の主観を交えて紹介します。

この手法はジョー=ディナポリという人物が考案した、フィボナッチリトレースメントとエキスパンションを使う実践的なトレード手法になります。

ディナポリ手法で使うフィボナッチ比率

ディナポリ手法で使用するフィボナッチ比率は主に3つだけ。
0.618、1.000、1.618 これだけなので算数が苦手な管理人でも楽々…だと思います。

DMA (Displaced Moving Average)

ディナポリ手法ではDMAと呼ばれる少し細工したMA(移動平均線)を使用します。簡単に言えば、普段の移動平均線を少し右にずらしたものです。少しずらすだけで価格と移動平均線の位置関係が頻繁に変わることがなくなり、トレンドを素直に追いかけやすくなります。

Dinapoli-1

 

 

 

 

 

 

DMAの設定方法(MT4)

MT4でDMAを設定する方法を紹介します。と言っても非常に簡単です。

MT4で移動平均線を表示させる

2016-03-13_17h16_52

 

 

 

 

移動平均線の設定画面で「表示移動」の数字を増やす (初期値は0)

Dinapoli-1-1

 

 

 

 

 

 

以上でチャート上にDMAが表示されます。今回は主に3x3DMAを使用するので、「期間」、「表示移動」ともに3を設定してください。

シングルペネトレーション

ディナポリ手法の中で最も有名と思われる、トレンド発生後の押し戻りを利用したオーソドックスな手法です。

1) まず「スラスト」を探します。

この時、3x3DMAを終値でトレンドと反対方向に抜けていない上昇または下降が最低8本は続いていることが条件になります。本数が多いほど精度が上がります。

Dinapoli-2

 

 

 

 

 

 

 

2) スラストの勢いが落ち、3x3DMAを割ったら、スラスト全体の長さの0.618のポイント(38.2%リトレースメント)でエントリーします。ストップはスラスト全体の長さの0.382 (61.8%リトレースメント) の少し後方に置きます。

3) 利食いは、スラストに対する押し(上図の下降波)の0.618リトレースメントのポイントに置きます。

Dinapoli-3

 

 

 

 

 

 

 

上のチャートでは高値を更新しているので結果的に元のスラストの100.00%地点で利食ってもよさそうですが、毎回高値更新するわけではないため、押し(調整波動)の長さの0.618分期待する方向に動いたらそこで利食いする様にします。

シングルペネトレーションはトレンドの第二波、それも頭から尻尾までではなく、胴体の一部のみを狙う良く言えば安全、悪く言えばやや保守的な手法です。ややRR比率 (Risk vs Reward)が良くありませんがその分勝率高めで勝ちやすい手法の様です。

ダブルレポ

ダブルレポは大きめの流れの転換をつかむための手法です。そのため、日足以上の時間枠での使用が推奨されています。4時間足などでも効果はありますが、精度はやや落ちるかもしれません。ここでは日足チャートで紹介します。

Dinapoli-4

 

 

 

 

 

 

 

シングルペネトレーションの条件を満たす、最低8本に渡るスラストが続いた後、短期間で2回3x3DMAをスラストと反対方向に抜けた場合、ダブルレポが完成します。

ダブルレポ完成で、流れが変わる可能性が出てきたと認識する事ができます。上のチャートではダブルレポ完成後、更に下に向かうと思わせて一気に上に流れが変わりました。

ここで大事なのは、ダブルレポ完成≠流れが変わる、という事です。流れが変わったかどうかは何かしらの方法で確認するべきであると考えます。

エントリー例1) ダブルレポ完成後の高値・安値更新

チャート内のダブルレポ前後の戻り高値を終値で超えたらロングエントリー。少し利幅は減りますが安全性が大きく上がります。

エントリー例2) ローソク足形状でエントリー

チャート内では、ダブルレポ完成後上昇せずにいったん下落し、そこで安値を一瞬更新してダマシを出してから上昇しています。これを逆手に取り、安値更新時の足と次の足がはらみ足を形成した後に、はらみ足母線を超えたら即ロングエントリーします。利幅は増えますがややリスクは上がります。

ダブルレポフェイラー

ダブルレポでダマシにあってしまった場合、ダブルレポフェイラー(失敗)という事になります。ダブルレポだと思ってエントリーした場合、いったん損切りが必要になりますが、逆に考えれば元のトレンド方向に更に伸びる可能性あり、という事にもなります。

Dinapoli-5

 

 

 

 

 

 

 

ダブルレポが完成するも、更に上昇してしまったパターンです。この場合、ショートはいったん損切りし、更にロングするという選択肢が考えられます。

ダブルレポにだまされないようにする方法

いくつか、ダブルレポで注意するべき点を考えてみました。

Dinapoli-6

 

 

 

 

 

1.移動平均線と価格の位置関係を利用する

単純に、25x5DMAなど少し長めのDMAの上に価格が来たら上昇、下に来たら下降、と判断。ダブルレポ発生後、例えば上のチャートでは、最初のダブルレポは25x5DMAを上抜けたからダブルレポ成功 ⇒ 買い。次のダブルレポは25x5DMAを下抜ける前に高値更新したのでダブルレポ失敗 ⇒ 見送り、とします。

2.サポレジを利用する

チャート内の目立つ高値安値ゾーンを把握しておき、ダブルレポ発生後、サポレジを抜けたら成功と判定して元のトレンドと反対方向にエントリーする方法。例えば上のチャートでは、最初のダブルレポは上値抵抗帯(レジスタンス)を終値で上抜けたからダブルレポ成功 ⇒ 買い。次のダブルレポは下値支持帯(サポート)を下抜ける前に高値更新したのでダブルレポ失敗 ⇒ 見送り、とします。

3.オシレータのダイバージェンスを利用する

ダブルレポの形はダブルボトム・ダブルトップの形に近いです。二度目のボトム・トップで安値を更新するような場合、オシレータでは反転形状のダイバージェンスが出やすいです。これを判定基準に利用するのがこのやり方です。

Dinapoli-4-1

 

 

 

 

 

 

 

毎回出るとは限りませんが、反転の根拠を一つ増やしてくれます。トレードは根拠の積み重ねでもあるので、利用しやすい判断基準は利用して良いかと思います。オシレータの数を増やしすぎても混乱を招くので、オシレータは多くて二つまで、なるべく一つだけで良いと思います。

以上、ディナポリ手法のさわりを紹介しました。詳細はまたの機会に紹介したいと思います。

スポンサーリンク

スポンサーリンク

ハーモニックパターンを学ぶには

価格が反発する場所を前もって知ることが出来る…。夢みたいな話ですが、これを高精度で定量的に実現するのがハーモニックパターン!

マユツバものと思うかも知れませんが、本当です。

小さな範囲に反発のポイントを特定することでトレードの成功率を高める強力な武器になる事間違いなし。無料コースでは、ハーモニックパターンの概要を解説してくれます。パターン自動検知ツールの試用ファイルも配布中。無料コースながら非常に勉強になるので、是非受講してみて下さい。

ハーモニックパターンに興味があるけどなかなか勉強に時間を割けない…。

そんな方に向いているのがこのスピードハーモニックです。動画と誰でも使えるツールでステップ・バイ・ステップに、成功しているトレーダーの極意を学べるコース。
このコースは、反発のポイントを小さく絞り込み、高い成功率を出すハーモニックパターンを3時間で学べる速習編です。

ハーモニックパターンがすごいのは分かるけど、毎回毎回自分で線を引くのが面倒くさい…。
パターンが出ても見逃してしまう…。

そんな方におススメなのが、ハーモニック検知ツール・プロフェッショナル版です。
これは簡単に言えば、ハーモニックパターンを自動で描画してくれるMT4インジケータです。
ただし、ZUPなどよりも遥かに高精度かつ高機能なものに仕上がっています。

通常、この手のカスタマイズされたパターン自動検知ツールは非常に高価なのですが、低価格でお試し可能なのが有難い。

  • メールアラート対応
  • MT4だけでなくMT5対応を保証
  • 月額7,800円の低価格でお試し可能
  • クラシックパターン以外の様々なハーモニックパターンの自動検知・描画に対応
  • MT4のストラテジテスターで検証可能

自分の好きな通貨ペアでメールアラートを仕掛けておいて、メールが来たらチャートを見てハーモニックで勝てそうならトレードをする…。何ともムシのいい話にも聞こえますが(笑)、仕事で忙しかろうがチャンスを極力逃さずに高勝率トレード。そんなトレーディングライフの実現を助けてくれるツールにもなるでしょう。

また、様々なハーモニックパターンの精度を確認するための検証用にも有効なツールです。

ハーモニックパターンの基礎理論の部分をガッツリ学びたい方はこちらのコースがおススメです。受講される前の基礎知識として、フィボナッチ比率を使用したトレーディングについては最低限勉強しておくことを強くお勧めします。

主に以下の内容についての講義です。

  • AB=CDパターン
  • クラシックパターン
  • PRZの計算の仕方
  • オシレータやMTFを組合わせたハーモニックパターンの活用方法

本講座の内容をきちんと理解しておけば、一皮むけたトレーダーへのステップが見えてくるでしょう。

フィボナッチ比率を利用した逆張り手法、つまりハーモニックパターンの事ですが、和書としてハーモニックパターンを詳しく解説してくれている書籍は恐らくこれ以上のものは今現在存在していないでしょう。それぐらいある意味貴重な書籍ですが、やや読み辛いところもあります。また、情報がやや古くクラシックパターンの一部(ガートレイ222なんて言い方しているところからもお察し)と3段上げ下げ(スリードライブ)の解説のみです。

まずどんなものか見てみたい方にはこちらもおススメです。

Turning Patterns into Profits with Harmonic Trading (Collection)

ハーモニックパターンによるトレーディングを現代に広めた開祖である、スコット・M・カーニー大先生の執筆された書籍です。今現在世に出回っているハーモニックパターン関連のトレード教材は多かれ少なかれこの二冊の本による影響を受けていると思われます。各パターンが成立するための条件と、「理想的な」パターンの比率、その使い方や注意点について書かれた濃い書籍です。

洋書なので抵抗のある方もいるとは思いますが、源流を理解するという意味では読んで損のない二冊です。電子書籍に抵抗のない方は、セット価格で割引が入る上のリンクのKindle版2冊セットがおススメです。

  

別枠で紹介している「ココスタ」の佐々木氏の教材はこのカーニー本にもかなり影響を受けていると思いますが、独自の研究を重ねて精度を高めたものになっています。また、英文を延々と読むという多くの日本人にとっての苦行をスキップ出来るという意味ではお金を払う価値はあるでしょう。

フィボナッチ比率を使った基本的なトレーディング手法の金字塔と言えば、結局この本になってしまうでしょう。押し戻りを捉えて的確に売買する基本的な方法をしっかりと解説してくれています。やや高価なのが珠にキズではありますが、フィボナッチトレーディングの基本を学びたい方にはまずこれでしょうか。紙の本だと大型本になってしまうため、電子書籍で読むと良いでしょう。書店で実物を見るとその大きさに引きます…。

ディナポリ本の要点を薄く解説してくれている書籍です。この本の利点はただ一つ。安いこと!あとは本人も自信なさげなインジケータ多用したテクニカルの解説なのでそこはお好み。
安い割にはそこそこきちんとした解説が書いてあるので、フィボナッチリトレースメントやエクステンションの理解が出来ている方はこっちでもいいっちゃいいんかな…。

筆者はメルマガとFX講師で生計を立てていると思われるあの方です。メルマガでぼろ儲け出来ればそりゃトレードしなくなるよねって感じ。

更新日:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA


Copyright© FX裁量トレードで行こう! ~日本橋FX戦記~ , 2017 All Rights Reserved.