チャート分析 トレード結果 ハーモニックパターン ポンド/ドル

2016/3/4 先週のトレード結果とポンドドル分析

更新日:

スポンサーリンク

まず先週のトレード結果から。

ポンドドルショート:-10pips (-55pips + 45pips)
ユーロドルショート:+25pips

ドル円が上昇していたこともあり、ドルストレートがいったん下がるかな? と思っていましたが全然下がらず。。。日足週足で下向きとは言え、ポンドルはサポートゾーンにほんの少し触れただけですぐ上に行ってしまい、もう少し下向かうか、という思惑は崩れ去り、赤字は免れましたが殆ど取れませんでした。

雇用統計前にショートを全て切っておいて良かったと心の底から思いました(´・ω・`)ショボーン

ポンドドルチャート分析

もう一度月足、週足を確認。

ポンドドル月足

20160304_GBPUSD_Month

クリックで拡大画像表示

既に先月から2009年安値圏の長い下ヒゲゾーンに入っていたため、いつ上に跳ね返されてもおかしくない状況でしたが、本当に少しタッチして上に反応してしまった。月足だと1.3500~1.7000のレンジですかね。短期トレードには幅がでかすぎですが。

ポンドドル週足

20160304_GBPUSD_W1

クリックで拡大画像表示

週足でも二度跳ね返されていたので、このゾーン自体はかなり硬いのですが、長期間跳ねるなら二度目の試しが来るかもな、とも。

 

 

ポンドドル日足

20160304_GBPUSD_D1_before_Cypher

クリックで拡大画像表示

日足ではいったん上昇っぽくなりつつありますが、サイファーパターンのXABCまで完成してきています。BCのフィボナッチ比率がイマイチではありますが、D地点を0.786XCにおいてみると、0.786XCと1.272BCが、日足のレジスタンスになりそうな目立つ安値にほぼ一致します。

 

 

という事で、このまま上がり続けた場合、1.4900以上は一度上昇がとまり、1.4600近辺までは下げることが予測できます (D点から38.2%下落した場合)。Cのポイント 1.3835を下に抜けた場合、シナリオを見直します。

トレンドラインを引いてみた

20160304_GBPUSD_D1_before_Cypher2

日足でLower High-Lower Lowを付けたあたりからトレンドラインを引いてみるとちょうどここにぶつかるのも1.4900が次の上限である根拠になります。

スポンサーリンク

スポンサーリンク

FXブログランキング。クリックしていただけると嬉しいです!

-チャート分析, トレード結果, ハーモニックパターン, ポンド/ドル
-, , , ,

Copyright© FX裁量トレードで行こう! ~日本橋FX戦記~ , 2017 All Rights Reserved.