チャート分析 テクニカル分析

2016/1/1 ポンド円の見通し

更新日:

スポンサーリンク

新年おめでとうございます。今年もよろしくお願い申し上げます。

年末12/30の記事に書いた内容と被りますが、ポンド円の見通しの整理をしておきたいと思います。

ポンド円週足 (クリックで拡大画像表示)

20151231_GBPJPY_W1

 

 

 

 

 

 

 

 

週足は下を向いた移動平均線(21EMA, 赤)の下に位置しており、高値を切り上げる事ができず安値アタックへ向かっています。週足レベルでも下降トレンドの兆候が見えている状態。フィボナッチエキスパンションのFE61.8を終値で超えて下げたため、次の安値目途はFE100 (173.86前後)。

ただしチャート左側の下ヒゲ陽線がサポートになる可能性があるため、173.86前後のFE100にタッチした後に再度上昇の可能性あり。

 

ポンド円日足 (クリックで拡大画像表示)

20151231_GBPJPY_D1

 

 

 

 

 

 

 

 

トレンドチャネルラインを引き直しました。

日足では高値・安値切り下げが始まっており、節目を割ったため明白な下降トレンド。ただし日足節目の180.35前後へのプルバックがはっきり出ていないため、ここまでのプルバックを待ちたいところです。

 

ポンド円4時間足 (クリックで拡大画像表示)

20151231_GBPJPY_H4

 

 

 

 

 

 

 

移動平均線の20連続ギャップ足からの一時反転→トレンド加速という、アル・ブルックス氏の著書にあるセオリー通りの動きになりました。日足のトレンドチャネルラインにヒットして反転した事、ストキャスが少しずつ上を向き始めた事などから、売りポジションを持つための反転を期待したいところです。


 

 

今年も慎重に少しずつ種を増やす方向で行こうと思います。どうぞお付き合い下さいませ。

 

スポンサーリンク

スポンサーリンク

FXブログランキング。クリックしていただけると嬉しいです!

-チャート分析, テクニカル分析
-, , ,

Copyright© FX裁量トレードで行こう! ~日本橋FX戦記~ , 2017 All Rights Reserved.