チャート分析 テクニカル分析 トレード結果 ハーモニックパターン ポンド円

2016/1/26 夜のポンド円4時間足・トレード結果

更新日:

スポンサーリンク

 

ポンド円はかなり上昇の勢いが強くなってきています。昨日はショートで取れましたが、今日は全く取れません。かと言ってロングも出遅れ。

トレード結果 (1/25分)

ポンド円ショート × 2回:+45pips、+15pips  合計+60pips

チャート分析

ポンド円4時間足 (クリックで拡大画像表示)

2016-01-27_03h10_22

 

 

 

 

 

 

日足はやや方向感を欠くので、4時間足のみで。

現在170.10前後ですが、直近高値が170.358 (FXCMで) にあります。また、同じ170.00円台の一つ前の高値が170.60手前にあり、プライスアクション的なサポレジで言うとこの二つが目先の上値抵抗線になります。

また、4時間足ですが、ハーモニックパターンのバタフライ(売り)の形が少し前から出来ていた様で、未だに売りを示唆する形が崩れていない模様。

ただし、バタフライ成立条件である価格帯 (170.581)を上に抜けられてしまうと、ハーモニックパターン自体が成立しなくなるので、そこから更に上昇するものと思われます。

追記 1/27: ABのXに対するリトレースメントが足りてませんでした。最低でも0.786の戻しが必要なのでバタフライ不成立。もう少し前の高値からXAを引いて、バットパターンになるかを確認した方が良さそうか。

追記 1/28: どうやらサイファーというパターンになる模様。バット、ガートレイ、バタフライ等に比べて確度の点でイマイチっぽいですが。チャート中の170.60近辺の水平線を上に抜かれたら不成立。

ただ、少し前の記事で掲載した、日足ハーモニックパターン (バタフライ買い) も成立下限の166円台後半を抜かれていたので、フィボナッチ的には上下動をしつつも大きい流れは下かなと。仮にここからモリモリ上げていった場合は、175.00近辺の日足でかなり前の下値が上値抵抗帯になるんではないかと。実際、そこまで年末からの下落が一直線すぎてレジスタンスになりそうな揉み合いがないんですよねえ

(´・ω・`)

 

スポンサーリンク

スポンサーリンク

FXブログランキング。クリックしていただけると嬉しいです!

-チャート分析, テクニカル分析, トレード結果, ハーモニックパターン, ポンド円
-, , ,

Copyright© FX裁量トレードで行こう! ~日本橋FX戦記~ , 2017 All Rights Reserved.